アプローズサンダルの隠された効果とは!?実際に細かく解析してみた

posaburou.jpg

アプロースサンダル効果


アプローズサンダルの隠された効果


今回は公式にて発表されたアプローズサンダルという防具についてですが
一部がこのポ三郎によって効果が隠されています!

皆さんこの隠された部分が何なのか気になりますよね。
実際に解析してみましょう。



ポ三郎を取り除く


まずは不要な部分を取り除きます。
すまん、ポ三郎。

アプローズ効果考察1

きれいになりましたね。



ラインは同じ文字の頭から


次に文字を判別するために基準となる頭を決めます。

アプローズ効果考察2


最初の部分に入るのはその後の「と共に」という文面から
アイテム名と推測します。
アイテム名やスキル名などの名称は [] で囲まれていることからここにも適用されると考えます。

その際に下にある「[アプローズサンダル]」という文字の先頭と並ぶことがわかるので
ここを基準としラインを引きます。


アプローズ効果考察3


拡大させて見るとこのような状態。
しっかりとピクセル単位で隣接させています。


アプローズ効果考察5


このラインを基準にカッコを同じ状態で入力していきます。


アプローズ効果考察4


次に注目する部分は少し削れている「と」の文字ですね。
これがヒントになります。


アプローズ効果考察6


今の状態はこんな感じですね。



実際に文字を入れてみる


アプローズ効果考察7


ここに文字を入力していくとどうなるのか。
1~7を入力します。


アプローズ効果考察8


そして最後にカッコを閉じる。
しっかりと「と」の文字が重なり復元され文字範囲が確定されました。
この時点でぴったりと収まっています。
これで7文字じゃないか!7文字ということは「カード」の3文字を引いて4文字のカードだ!
なんて簡単ではないんです。

ここからはちょっと難しいことになっていくんですがわかりにくかったらどんどん飛ばしてください。



7文字でなければ一体?


アプローズ効果考察9


実際に3文字に「カード」を割り当てて行きます。
さぁどうでしょう。
ズレてしまっています。

これがなぜ起こるのか。
わかる人はわかると思うんですがフォントのせいなんですね。
どのフォントで書かれているのか。

MSPゴシックというフォントになります。

このフォントは可変幅のフォントなので文字幅が固定されていないためズレが生じてしまいます。
(詳しくはプロポーショナルフォントなどで検索)

なので文字数で判断するのは難しくなります。
実際に適当なカード名を割り当ててみます。


アプローズ効果考察10


月夜花カード
ファラオカード
ダークロードカード

漢字や拗音などの文字を当ててもうまく合わないのがわかるかと思います。



当てはまるのはこれだ


では一体どのカードがぴったりと当てはまるのか。

アプローズ効果考察11


アモンラーカードです。
こちらの場合はカーニングもぴったりとハマリほぼ確実と言えるでしょう。


アプローズ効果考察12


現在の状態はこの様な状態ですね。



後半戦突入ヒントを探る


飽きてきました?w
さぁどんどんいきましょう。

アプローズ効果考察13


こちらで注目する部分はこのポ三郎の上にある「2つの点」です。


アプローズ効果考察14


それとポ三郎の右側で削れた文字。
これは後の10という文字から推測して「Lv」の「v」の文字が削れていると想定できますね。


アプローズ効果考察15


では、先ほどと同じくポ三郎には消えてもらって・・・すまん。


ピクセル単位の照合


アプローズ効果考察16


一気に合わせていきます。
2つの点とアモンラーカードの特徴から推測してここには「オートスペル」が入るのではないかと考えます。
実際に合わせてみます。
2つの点と文字の上部の1ピクセルが重なりそうですね。


アプローズ効果考察17


移動させて合わせてみると・・・どうでしょうか。
ぴったりとハマッていますね。
これでここは「オートスペル」でほぼ確定で良いのではないかと思います。


アプローズ効果考察18


次にアモンラーカードの効果とLvが10あるスキルを考えると「キリエエレイソン」ですね。
こちらを割り当ててみます。
キレイにズレもなくハマッていますね。
この範囲の文字数があるスキルで、カーニングのズレもなくぴったりなのでキリエで間違いないかと思われます。


アプローズ効果考察19


ここまでで出来上がったのがこの状態ですね。
いかがでしょうか。



最後の難関とまとめ


アプローズ効果考察20


後は最後の1行ですね。
これが問題です。
最後の「が」という文字があるため文脈を考えると

・発動する確立上昇
・発動しない

どちらかのような気がしますね。
「オートスペル」とついているので「使用可能」が入る事はないと思います。
シーフセットを例に上げるとインティミが発動しなくなる場合は
インティミのLvが文面に入っていないのでそうなると「発動しない」という流れはないのか・・・

さてここはもう完全に想像でしかないので実装を待つしかありませんね。

※最後の部分以外にも実装した際に違っている場合があります。
これはあくまでも可能性という点で参考にしていただければと思います。
信じるか信じないかはry

ということで最後に入る文字はこれ。


アプローズ効果考察21


わからない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事