スクワットが簡単に!その設定方法とは?

皆さんスクワット活用していますか?

最近ではライドやヴァナルなどSP吸収系装備でSPを賄っていることが多いですね。
が、しかしSPの回復手段には座るという方法もあります!


座る状態

SPの回復速度


SPの自然回復は立ち状態で8秒です。
では座るとどうなるのか?倍速で回復することができます。
座ると4秒ですね。

次にマニピの効果ですがSPの自然回復速度を倍にします。
立ち状態で4秒、座り状態で2秒です。


スクワットとは


スクワットとはこの座り状態を立っている状態で維持させようというテクニックです。

やり方は簡単で、4秒以内に座り直すだけです。
が、しかし。

やることは簡単ですが持続させるのが大変なんですね。
なぜ大変なのか。


スクワットに必要な動作がネック


座る立つという動作をするにはInsertキーを2度押さなければいけません。
Insertキーは基本的にキーボードの右上に配置されています。
このキーを押すためには、手を置いている位置を一度移動させなければいけません。

パッシブ狩りなどをしている方は多少余裕があるので動かしても影響はないかもしれませんが
BM使用やスキル狩りなどをしている状態ではどうでしょう。
指ではなく手を浮かし移動させ元の位置に戻すという動作がとても不便になります。

昔はエモに/sitを登録しALT+○などで座らせたりしていました。
その場合でも2つのキーを押さなければいけないため不便です。


簡単にスクワットをする方法


この状態を解消させるにはどうしたらよいのか。

答えは押せる位置へ移動させればよいのです。

といっても物理的に取って移すとかではないですよ!
ゲーム上で変更させます。
やり方は簡単。


gameoption.jpg


まずゲームオプションを表示させショートカット設定を押します。


ショートカットins


ウィンドウが表示されたら上部にあるインターフェースのタブをクリックします。

その中に「座る/立つ」という箇所があります。
ここの設定が現在Insとありますね。

これはInsertキーで座る、立つを切り替えますという意味です。


ショートカットspace


次にここをクリックすると変更するショートカットキーを押すようにと表示されます。
ここで何を設定するか。
スペースキーを設定しましょう。
スペースキーは文字の変換に使っているキーですね。
そう、親指の所にある長いキーです。

最後にOKボタンを押し設定完了です。


座れない?入力状態の確認をしてみる


さて実際に押してみましょう。
反応していますか?

反応しない場合は日本語入力状態になっている可能性があります。
半角英数状態でないと反応しないのでチャット後なのは注意が必要です。


まとめ


いかがでしょうか。
これで移動中でも空いている親指で2度キーを叩くだけでスクワットをすることができます。

マニピがあることにより常時スキルを使用することを維持することができるのであれば
スクワットすることにより同じ効果が得られるのでおすすめです。


これで誰でもスクワッターですね!
活用することで頭や肩を違うものに変更することが可能になるかもしれません。

思った以上に快適な使用感になると思うので、ぜひ参考にしてみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事