スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ROのスクリーンショットが重い時の対処法。KIOKUで10枚連続撮影も可能!

camera.jpg


スクリーンショットを撮るのが好きな人多いですね。
最近ではブログやSNSなどで画像を扱うことも増え、スクリーンショットを撮る機会が増えています。

ROのスクリーンショットは簡単に撮影することができますね。
キーボードのPrintScreanキーを押すことで撮影できます。

RO内で撮影したい瞬間というのは色々な場面であります。
風景やみんなで集まって記念に1枚などなど。
そんなゆったりとした中での撮影では気にならない問題もあります。


ROのスクリーンショット撮影が重い


そう、戦闘中の撮影です。

経験している人は多くいるかと思いますが昔からROのスクリーンショットは撮影すると一時的に動作が止まるんです。
もちろんそれが戦闘中に起こります。
戦闘中に動作が止まればどうなるかというと、熱い戦闘中であればあるほど動き出した時には時すでに遅し。
止まっている間に被弾し動き出した時には倒れているという最悪の事態に。

こうなるとスクリーンショットなんて撮ってる場合ではなく撮りたくもなくなりますね。
間違って押さないように注意もしなければなりません。


重くならない撮影方法は?


そんなスクリーンショットの悩みも解決する方法があるんです。

ROの設定によってスクリーンショットの重さを軽くするのは難しいですね。
そこでフリーソフトによって画面をキャプチャする方法をご紹介します。

数あるキャプチャソフトの中でもKIOKUはとても軽量で使い勝手が良いソフトです。
もちろん無料で使用することができます。

以前はWinshotなどを使っていましたが今ではKIOKUのみになりました。


KIOKUを手に入れる



まずは下記からダウンロードもしくは「KIOKU」で検索しダウンロードします。

KIOKU
Vecterからダウンロード
窓の杜からダウンロード

現在の最新バージョンはkioku226.zipになっています。
インストール不要のソフトなので解凍するだけで使えます。

中に入っているKioku.exeを起動します。


おすすめプロファイルの設定


KIOKU設定


プロファイルの設定になります。
ここではクイックスタートをクリックします。

新しくプロファイルを作成したい場合は左下の新規作成を押します。

※プロファイルとは設定ファイルのことです。
プロファイルは複数作成することができ、用途に合わせたプロファイルを作成しておくことで
設定を一括して変更することができます。


ROのフォルダを指定して今までどおりの感覚で使用


KIOKU設定全般


全般から保存フォルダを指定します。

ROのみで使用する場合はROのスクリーンショットフォルダを指定しても良いでしょう。
また、他の場所に保存したい場合は参照からフォルダを指定しましょう。


ファイル名で自動的に整理


KIOKU設定ファイル名


デフォルトのファイル名のまま使用することも可能ですが変更しておくことでわかりやすく整理することができます。

置き換え文字を参照にスクリーンショットのファイル名を指定します。

「\」で区切った場合は全般で指定した保存フォルダの中に「\」で区切る前の部分のフォルダが作成されます。
複数の「\」で区切ることでフォルダの中にさらにフォルダが作成されていきます。


よくわからない場合はファイル名に「screenshot_%r」と記述しましょう。


撮影キーを設定


KIOKU設定キー設定前


キーについては必ず指定することをおすすめします。

・キーの設定はキーを割り当てたいイベントをクリックし指定します。
・指定後に下部のキー入力部分をクリックします。
・クリック後に対応させるキーを押します。


ROのショートカットも設定する


roショートカット設定


ゲーム内でショートカットの設定を行います。


roショートカット設定2


RO内のスクリーンショット撮影のキー設定です。
これを変更しPrintScreenキーで重複して反応しないようにします。

roショートカット設定3


ショートカットキーの部分をクリックしESCキーを押すことで指定しない状態にすることができます。
指定しないに設定してもパソコンによっては出来ない場合があるようです。
レジストリをいじったりすれば可能かもしれませんが、危険が伴うのでおすすめできないので以下の設定で対応します。


指定しない状態でRO側が撮影してしまう場合の対応


対応版キー設定


KIOKUを起動している状態でRO内でPrintScreenキーでの撮影をした際に、RO側のスクリーンショットが撮影される場合です。
このような設定にしPrintScreenキー+他のキーとすることでRO側の単独PrintScreenキーは反応しないのでKIOKUのみでの撮影が可能になります。

他のキーはPrintScreenキーと合わせて押しやすいキーに設定します。
左ALTキーが他のショートカットとの影響も少ないので良いでしょう。
右手のみでの撮影をする場合右ALTキーも有効です。


撮影音をなくすには


KIOKU設定サウンドなし


撮影時にシャッター音が気になる人は音を変更することも可能です。
また、右上のすべてのサウンドを無効にチェックを入れることで無音にすることができます。

しっかり撮影できているかわかるように撮影音はつけておくことをおすすめします。


ウィンドウ内部だけの撮影が可能


KIOKU設定キー設定後


ウィンドウとウィンドウ内部がありますがKIOKUはキャプチャソフトの中でもウィンドウの内部のみのスクリーンショットを撮ることが可能なソフトです。

ウィンドウは窓そのものを取り込みます。
ウィンドウの内部とは枠となる部分を外しその内部のみを取り込みます。

わかりやすく具体例です。


ウィンドウ

ウィンドウ


ウィンドウ内部

ウィンドウ内部


上部を比べてみるとわかりますね。

ROの標準機能のスクリーンショットもウィンドウの内部のみになっています。
同じようなウィンドウ内部のみの撮影をしたいのでウィンドウ内部に対してPrintScreenキーを対応させます。
これによってROの標準機能と類似したスクリーンショットを撮影することが可能になります。


良い画質が一番


KIOKU設定JPG


JPGの画質の設定です。
ここは好みでよいかと思います。
せっかくのスクリーンショットです、なるべく画質は良いもので保存したいですよね。
迷わず100%で良いでしょう。


スタートアップ可能でらくらく起動


KIOKU設定オプション


オプションの設定です。

起動時にこのウィンドウを表示するのチェックを外します。
チェックを入れていると説明の通りKIOKUを起動した際にこのプロファイルの設定ウィンドウが表示されます。
何度も設定するものでもないのでチェックを外します。
プロファイルの設定はタスクバーのアイコンを右クリックすることでいつでも可能です。

Windowsへログオン時に自動起動するについては毎回起動するのが面倒な場合はチェックをつけておきましょう。
基本的にチェックをつけておくことを推奨します。


設定完了


KIOKU設定保存


最後に下部にある保存をクリックしプロファイルを保存します。
保存ができたら右下の設定完了を押し完了させます。

起動しているかどうかはタスクバーの右下のアイコンを見ましょう。
青い○のアイコンがKIOKUのアイコンです。
各設定などはアイコンを右クリックからできます。


まとめ


とても軽量に出来ているので重くなることもなく軽快な動作をしてくれるのでぜひこの機会に試してみたらいかがでしょうか。

ちなみにROのスクリーンショットを撮影するためのソフトではないのでデスクトップの撮影やWEB上の撮影ももちろんできます。
いつでも画面保存できるソフトとして重宝すると思います。

それでは今回はフリーソフトを使ったROのスクリーンショットが重い時の対処法でした。
よきROライフを!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。