カードのドロップ率について。

さて、本日はカードのドロップ率について考えてみたいと思います。

何を今更?と思うかもしれませんがお付き合いくださいw

(個人的な考え方なので確実とは言い切れませんがご了承ください。)

あ、画像なし!文字のみ長くなります!気長に読んでくださいorz




通常のカードドロップ率はご存じのとおり0.02%ですよね。

ではドロップ率が1.25倍、1.5倍となった場合どうなるのか。

普通に考えてドロップ率は上がると思いますよね。

それは

0.02%x1.25倍=0.025%

0.02%x1.5倍=0.03%

こう考えるからだと思います。


が、しかし。

ドロップ率上昇期間にカードをドロップすることが多くなったということも体感できませんでした。

というのも0.02%が0.03%になったところで期間中に倒せる数には限りがあり

確立なため1万匹倒しても正確にはわかりません。(10万匹位倒せばわかるかもしれませんがw)


次にカードのドロップ率にはドロップ率上昇は適用されないというもの。

実際は適用されているが影響しない場合があると言ったほうがいいですね。

それがなぜなのか。

万分率によりドロップ率が決定されているからです。

ドロップ率には端数切り捨てが使われていると思われ

1.25倍の場合

0.02x1.25=0.025

0.005は切り捨てられるので結果0.02%でドロップ率に変化がない。

1.5倍の場合は結果0.03となるため確率上昇ということですね。


ということを踏まえ自分は後者と考えています。

本来は0.01%のドロップ率のカードには1.25倍であろうが1.5倍であろうが

2倍未満であれば0.01%なため影響はありません。

なので最近ではドロップ率2倍が実装されなくなったのではないでしょうか。

カードのドロップ率を上げたくないんでしょうね。

バランスを崩す要因にもなりかねないカードには影響を出さず

通常ドロップは多く出せるというのが2倍未満だったということですかね。


が、気づいているのか気づいていないのか・・・0.02%である以上1.5倍は恩恵があるに違いないです。

この機にカード狙ってみたらいかがでしょうか?

そして誰か検証を(ぇ


先日のアリスcが出たのは・・・1.25倍の期間中・・・恩恵なしだったのか!

ということで・・・自力GETでしたヽ(´ー`)ノ


カードが0.01%ではない理由は続きからw


皆さんは闇リンゴというものご存知でしょうか。

ROの経験が長い人はご存知の方も多いと思います。

この闇リンゴなぜ出るのか。

これはドロップテーブルによるものですね。

MOBのドロップテーブルには1~8番までのドロップが存在します。

1~8番まで順にドロップ率の高いものから並べられます。

カードの番号は8番と決まっています。

そしてドロップするアイテムの種類が少ない場合、空白に闇リンゴが配置されるということですね。


[1A 2B 3C 4D 5闇リンゴ 6闇リンゴ 7闇リンゴ 8カード]


このような形になります。

そして闇リンゴの確率はどれも0.01%です。

よってカードより確率の悪い闇リンゴが出ると絶望します。

闇リンゴのほうが多く出るというのは1つの場合カードより確率は悪いですが

上記の場合3種あるのでカードより確率は上がります。

これが何の関係があるのか。


ドロップ処理は万分率で決められるため乱数x10000で端数切り捨てが使われます。

この結果が0以下であった場合闇リンゴをドロップというものですね。

通常では乱数処理の部分で0を返さない状態にし1~10000とするんですが

ROの場合は0~9999・・・

そのせいで0を返してしまい闇リンゴがドロップしてしまうということです。

0を含めてしまっているミスですね。

お分かりでしょうか?


ではこれを踏まえてカードです。

カードの場合は返された結果が1以下の場合と設定されているはずです。

要するに本来は0がないため1以下なら0.01%なんです。

が、しかし実際の1以下は0と1の2つ。

0.02%の確率となっているんです。


本来は闇リンゴは空白処理のためのリンゴで0%の確率にしドロップせず

カードは0.01%の確率にしたかったんだと思います。


闇リンゴが修正されたら絶望もなくなりますがカードの確率は0.01%です。

どちらがいいですか?zz


俺はリアルLUKのせいで0.01以下ですzz
裏情報があるかm


このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事