スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

杖考察

本日は杖について考察していきたいと思います。

なぜ今更?というのは検索により当ブログに足を運んで来てくれている方の中に

廃Wizによる装備、特に杖について調べている方が多数いるということがわかりました。

杖の中でもSOD(スタッフオブディストラクション)のことを知りたい人もいるみたいですね。

というわけでSODの有効性を知るために各種杖による比較をしてみたいと思います。

最近では廃Wizの杖といえば何も知らずSOPという方も増えてきている気がします。

なぜSOPが有効なのか?というところから話を進めていきます。


今回は呪いや被ダメASなどの追加効果などは抜きでダメージのみを重点においています。


まずはSOPの性能。

魔法攻撃時、敵のMDEFを10%無視。

精錬値1毎に1%追加。

このMDEF無視の部分により他の杖よりもダメージが通ることにより

有効ということになるんですがここまではご存じだと思います。

では、他の杖と比較したときにMDEFの値がいくつから有効なのか?というのは

わからない方も多いかと思います。

ということで比較表をさくっと作ってみました。(クリックで拡大)


hikaku1.jpg



こちらはINT133DSignに調節した場合のものです。

対象は属性相性100%、使用スキルはFB1とします。
MATK倍率、スキル倍率ともに1なため


赤は最大ダメージを出している部分です。

青と緑の対になっている部分はほぼ同等のダメージになっている部分で、

黄色はSOCとSOPによる比較でSOCが勝っている部分です。

わかりにくいかと思いますのでこちらはグラフにしたもの。

hikaku1graph1.jpg


杖の種類は導入する可能性のありそうなもので現実的なものを比較してます。

グラフの+7SOPを見ていただくとわかるように

MDEF0の相手に対しては骸骨の杖と同等の強さしかありません。

しかしMDEF40を超えたあたりに注目。

+5と共に他の杖を抜きました。

SOPが有効に使えるMOBはMDEF40をラインとして考えてよいと思います。

さて、ここで本題に。

SOPが有効なのはわかりました。

ではMDEF40以下のMOBを相手にした場合一体どの杖が有効なのか。

そうですSODです。

もう一度グラフを見てみましょう。

MDEF0~40、低ければ低いほど+4SODの与ダメは圧倒的に差をつけていると思います。

その次に+9SOCが有効ということになります。

このようにMDEFが低いMOBを相手にするときは限りなくMATKのみを追求することにより

ダメージをあげることができます。

防御面ではSODは両手杖なため盾が持てないので危険を伴う可能性もありますが

SOCのほうは片手杖なので防御と火力を維持できるので現実を考えるならこちらでしょうか。

が、しかしWizにはECによる軽減さらには最大の防御Pスキルというものもあります。


各種杖による比較ですがこれに属性相性や各種スキルによるスキル倍率、

HIT数なども入ってきます。

それによりダメージはもっと差が出てくるかと思います。

あくまでもこちらを基本と捉えてもらえれば幸いです。

これを参考に自分のプレイスタイルに合わせてしっかり自分で選んでみるのもいいかと思います。




以上本日の杖考察でした。



追記

現在SODのMATK25%は未実装になっております・・・

現状はMATK10%というロッド以下な状態です。

未実装じゃなくなったときTPOにより最高の杖になることでしょう。

ということで今現状では+9↑SOCが最高ということです。





参考になった!と思った方はこちらの応援ボタンをクリックお願いします。

清き一押しを!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。